第70回特別記念高知市文化祭開幕行事「土佐の息吹—鼓童と舞踊による芸術の融合—」

開催日時
2018年4月8日(日)
昼の部:14:00開演、夜の部:18:00開演
会場
高知市文化プラザかるぽーと 大ホール
入場者数
昼の部:841名、夜の部:545名

高知市文化祭の皮切りとなる開幕行事は、「土佐の息吹—鼓童と舞踊による芸術の融合—」と題し、太鼓芸能集団「鼓童」と高知のダンサーによる二部構成の公演となりました。
一部では鼓童による静と動の緩急を組み合わせた、迫力の大太鼓演奏が会場に轟き渡りました。二部では総勢110人を越える高知のダンサーが渾身の舞踊で舞台「KOSHOU(コウショウ)」を鼓童の音と共に表現し、会場を大いに沸き立たせました。
志半ばで道を断たれた一人の若者の舞台芸術の世界への想いの種は、出演者の手によって見事に繋がり、満開の花を開かせました。


主催・主管:高知市文化祭執行委員会、高知市文化協会、スガジャズダンススタジオ、ダンスクリーム、公益財団法人高知市文化振興事業団、高知市教育委員会
出演:太鼓芸能集団 鼓童、上村彩華、慶祥芳之、スガジャズダンススタジオ、ダンスクリーム、山﨑千啓、山脇寛史とサンズジムナスクール、吉村耕一


【以前のページはこちら

ページのトップへ戻る